<Sponsored Link>

2016年09月16日

理想的な店作りをする為に期待と信頼を使い分けてみよう

こんにちは オツです。

前々回のブログでは犬派猫派の話をさせてもらい、前回はゆとり世代(世代別の呼称)について語らせていただきましたが、たくさんの人からコメントをもらいまして本当にありがとうございました。

あまり深く考えないで記事を書きましたが(汗)僕は犬派、私は猫派、僕はゆとり世代、私は氷河期世代、、などとご自身の事を教えてもらったりいろんなご意見をいただいたりしてすごく励みになりました。

あくまでも特徴や傾向をお伝えさせてもらったつもりですが、楽しんでもらえたり参考にしていただけていたら嬉しく思います。

そしていただいたコメント全てにきちんと返信できなくてスミマセン...


〈あなたは犬派・猫派?〉→http://www.otu-relaxation.com/s/article/441847933.html


しかし日本人は?何かとグループ分けしたり分析したりするのが好きですよね!

海外の方ってどうなんだろ?


われわれ日本人は、仕事やプライベートでも「血液型」や「星座」や「出身地」などの話は盛り上がりやすいし、「君はこうだよね」とか「だからそうなんだ〜」なんて根拠は100パーセントの話ではありませんが、解説やうんちくを語ったり聞いたりするのが好きな人が多い気がします。

中にはそういうのが苦手な人や嫌いな方もいますが、まぁ僕自身は比較的好きなほうだと思います。


僕は長年リラクゼーションの仕事をしていて、現場はもちろんですがマネージメントもしていてこれまで数百店舗の運営に関わり多数のスタッフ・お客様を見てきました。
繁盛している店・していない店、そこにいるスタッフ・お客様など僕の目線ではありますが、実際に現場で真剣に見てきた中で感じる事は多々あります。

知り合いの経営者さんや店長さんなどからは、よく「人が育たない」とか「やっと成長したと思ったら辞めちゃう」なんて声を聞く機会も多いですが、やっぱりお店を経営・運営するならご自身が描く理想的なお店にしていきたいですよね?

でも多分理想は人それぞれで、それに対する正解はないのかもしれませんが、僕が感じるのは「いい人材がいて、お客様が多い店」っていうのは多数の方が理想とするイメージだと思います。

「そんなお店にしたい」

もしもあなたがそう思ったなら、今日の記事が何かの役に立つかもしれません!

そんな訳で本日は「理想的な店作り」についてのお話をしていきますが、経営者さんや店長さんなどはもちろん、小規模の組織でも活かせるような内容をお伝えしていこうと思いますので、ご自身の現状に置き換えてご覧ください。

<Sponsored Link>



まず最初に僕の主観で成功する(している)経営者さんや店長さんの特徴について書いていきます。

🔴先に徹底的に相手に与える

これはリラクゼーションの店に限らず、すべての商売で共通して言えることなんじゃないかと思います。
まず最初にお客様・スタッフ(相手)に「与えて、その後に自分が手に入れる」この順番を理解して実行できない人が上に立つと苦労すると思われます。

「ウチはいい店なのに客がこない」とか「あそこはボロいのに儲かってる」など、自分が何を与えてこれたかではなく表面的なモノしか見れていないと結果はついてきませんし、スタッフに対しても「好きな時に休みやがって」とか「もっと働いてほしい」など負の感情が先に出ると人も育ちません。

もう1度言います!
先に相手に徹底的に与えて、努力の末に運が良ければ自分が何かを手に入れましょう。


🔴強い信念や個性を持っている

僕がこれまで多数の経営者さんや店長さんを見てきて感じるのは、下手したら社会人として一歩間違えばヤバいような部分=信念や個性を持っているクセモノが多い気がします。

人の上に立つには礼儀やスキルは必要なんですが、それプラス強い個性や自由さを持っている人が多くザックリ言うと少し勝手だったり変わりモノくらいの方が魅力的だったりします。

実際に来店されるお客様は無理や我慢を重ねて過ごし、いい人だから肩凝りや腰痛になっているケースが多々あります。
そんなお客様が自由を感じさせるスタッフに憧れる事も多く、強い個性はお客様にはないものなので、強力に人を引き付けるパワーがあります。

ただ注意したいのは個性はキャラ作り程度のものではなく、自らの経験や苦労が染み出てくるもので強烈なほど好いてくれる人がいる一方で嫌う人も必ずいます。


🔴いくつになっても誰からでも学ぶことができる

勉強家・努力家の人は多いと思いますが、この人たちには勉強している・努力している感覚がない場合が多いです。

技術面・経営面を仕事中はもちろんプライベートでも常に学び、だれからでもどんなことからでも身につけようとする姿勢の持ち主は、トップに立つような人間なのかなぁと思います。

ある程度年齢を重ねたりキャリアを積むと現状に満足してしまいがちですが、常にチャレンジできる人にはお客様もスタッフも無意識に集まってくるんじゃないでしょうか?
9902FAB5-E545-405D-97CF-AE401D6BED6D.jpg
次は理想的な店作りに欠かせないスタッフ(人材)についてのお話をします。

お店を運営していると、マネージメントの問題が出てきます。
スタッフの育成は本当に大変で根気が必要ですが、ある意味もっとも大切なことでもあります。

経営者の鏡がスタッフで、スタッフとの出会いや別れや良いことも悪いことも経営者が原因で起こることばかりで、人が入ったり辞めたり、お金のトラブルや異性関係やケンカや裏切りなどは経営者の宿命なのです。

それらを何でも受け入れると腹をくくった時からスタッフは勝手に成長していきますが、逆に言えばその気持ちが中途半端だとスタッフは成長しません。

スタッフ育成は上に立つ人の器が大きくなるにつれ、それに満たされるスタッフが少しずつ増えていくと僕は思っています。
BDB8BA16-4FA8-46E6-A614-0178C2676E6F.jpg
理想的な店作りに必要なことって..

今日は最後に僕が感じる2つの事をお伝えします。

🔴店に入る瞬間の感情で結果が変わる

オカルト的なことを言うつもりはありませんが、自身が店に入る感情でその日の成果は変わります。

場には勢いというものがあって、その場所に入った瞬間の感情が乗り移ると僕は信じています。

自身が店に入る瞬間に「面倒くさい」とか「眠いなぁ」なんて思っているとその感情はスタッフにもお客様にも乗り移り、スタッフは気持ちよく働けずお客様もいい気分でほぐされないので当然いい結果は出ません。

反対に、いくら疲れていても店に入る瞬間だけでも前向きだったりしっかり集中できているとスタッフにもお客様にも伝わりいい結果が出るような気がします。

*オツ 気持ち悪いって思った人は忘れてください..


🔴期待と信頼を使い分ける

あなたは期待と信頼の違いって説明できますか?

「うーん なんとなく...」ですよね!調べてみました。

期待=よい結果や状態を予期して、その実現を待ち望むこと

信頼=信じて頼りにすること、頼りになると信じること

だそうですが、僕は勝手にこう思っています。

期待=相手次第

信頼=自分次第

上記を踏まえて、あなたが会社の新人指導係だとしましょう。

あなたは自分の仕事をこなしながら、たくさんの新人さんに全力で指導していきます。
新人さんが少しでも早く戦力になるように、きちんと仕事に対応できるスキルを身に付けられるように毎日休まず必死に働きます。

そして、何日か過ぎたある日のことでした。

あなたが1番熱心に指導してきたAさんが口を開きます。

「先輩..僕この会社辞めます。お世話になりました」


あなたはこんな時にどう思いますか?

「Aくんの為に必死で指導してきたのに」とか「根性なし」「裏切りモノ」そんな気持ちになるかもしれませんね。

そしてこの感情はAくんに勝手に”期待”していたから起こるんだと思います。

もし普段から”信頼”で人と接するようにしていたら結果(感情)は変わってきます!

「Aくんなら別の会社でもやっていけるからガンバレ!応援してるよ」って言えたり「何で別の会社に行くんだろ?俺の教え方が悪かったのかな、もう少し工夫したり意見を聞いて進めた方がいいのかな」

って自身の成長や今後の改善に頭が働きます。

ちょっと極端に例えましたが、あなたならどっちの先輩に指導されたいですか?

同じ出来事があっても期待と信頼ではその人の感情はもちろん、今後の人生も変わってきます。

今回のように可愛がっていたスタッフがもし辞めるってなった時に「クソ裏切られた」とか「人間不信になる」って思うような経営者や店長は自分の感覚を変えないと同じことを繰り返すと思われます。

理想的な店作りの為に、仕事中はもちろん普段の生活や人間関係から”期待”ではなく”信頼”で人と接していると何かが変わってくると思いますよ!


〈まとめ〉

理想的な店作りの為には経営者や店長など上に立つ人の意識や取り組み次第でいくらでも結果が変わると僕は信じています。

上に立つ人が、先に相手に与える姿勢を貫いて学ぶことをやめないで人を信頼して強い信念を持つ事が成功への道のりなんじゃないかと思います!

今日はお時間になります。

ありがとうございました。

<Sponsored Link>




タグ:接客業 経営
posted by オツ at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | relaxation! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。