<Sponsored Link>

2016年07月22日

女性が1度は経験する?膀胱炎の症状や予防法とは

こんにちはオツです!

いきなりスミマセン(^◇^;)
オツカノ(僕の彼女)が膀胱炎で今朝”泌尿器科”のお世話になりました。女の子ウィーク中のオツカノは「排尿時の痛み」と「残尿感」を感じて病院に行ったみたいです。
恥ずかしながらオツカノはその病院の常連?なので、先生や看護師さんに覚えてもらっているみたいで..

「また生理中にきたのね。清潔に保って身体を冷やさないように過ごさないとダメじゃない!」
BAC7DCC1-8736-4933-B651-62003986CE89.jpg
とお叱りを受けたみたいです。


リラクゼーションの仕事をしていると周りに女性スタッフが多くて、彼女たちも忙しくしていると膀胱炎になりやすく、またお客様でも看護や介護の仕事やサービス業の方などもたくさんいらして、(あんまり大きな声で話す内容ではありませんが)わりと身近に膀胱炎の存在があります。

オツカノの今回の件も彼氏として当然心配したり、再認識した部分もありながらも「同じ症状を抱えて悩まれたり通院しないで過ごされている人が多数いるのかなぁ?」と思いながら、本人に許可をもらってブログに書かせてもらうことにしました。


そんな訳で今日は、女性なら1度は経験する?膀胱炎の症状や予防法についてのお話をしていきます。

<Sponsored Link>



【膀胱炎とは】

腎臓で尿が作られ尿管から送られてきた尿をためておく場所が膀胱です。その膀胱が何かのキッカケで炎症を起こしている状態を膀胱炎と言います。

☆ちなみに膀胱炎とは直接関係ありませんが、緊張したりすると何で排尿したくなるのか知っていますか?

僕たちが尿を漏らさずにいられるのは「膀胱括約筋」と「尿道括約筋」が機能してくれているおかげです。「膀胱括約筋」は自律神経に支配された筋肉なので、僕たちの意志とは無関係に働き「尿道括約筋」は僕たちの意志でコントロールできます。

つまり普段は自分の意志「尿道括約筋」の働きで尿意を我慢できますが、緊張や興奮状態になると貯まっている尿の量に関係なく自律神経に作用して膀胱を収縮させるために尿意が起こります。


【膀胱炎の種類】

◆急性膀胱炎
一般的な膀胱炎は、だいたい急性膀胱炎の事で、ほとんどが細菌感染でさらに大腸菌が原因と言われています。基本的に健康な女性がかかることが多く男性がかかるのは珍しい症状です。

◆慢性膀胱炎
何か別の症状や疾患のある方がかかることが多いのが慢性膀胱炎です。その為男性がかかる場合もありますし、急性から慢性になるケースもあるそうです。

◆出血性膀胱炎
尿にはっきりと血が混じり、細菌やウィルス、薬や食べ物のアレルギーが原因となるのが出血性膀胱炎で、1番多い原因はアデノウイルスと言われています。

◆放射線性膀胱炎
がんの放射線治療を受けたあとに起こるのが放射線性膀胱炎で、治療後しばらくしてから症状が出ることがあるようです。

◆間質性膀胱炎
細菌やウィルスの感染がなく、いまだに原因が不確定なのが間質性膀胱炎です。


☆なぜ膀胱炎は女性に多いのでしょうか?

女性が男性より膀胱炎にかかりやすいのは、尿道の長さや構造の違いが影響しています。
女性は男性に比べて尿道の長さが短いため、細菌が膀胱に進入しやすいのと尿道口が男性より肛門に近いので、大腸菌が進入しやすく膀胱炎にかかりやすい原因とされています。

通常は多少細菌が進入しても尿と一緒に洗い出されますが、トイレを我慢したり疲労から抵抗力が弱まっている場合は細菌が繁殖して膀胱炎を起こしてしまいます。


【膀胱炎の主な症状】

◆トイレが近くなる
尿の量は多くないのにマメにトイレに行きたくなったり残尿感がある。

◆排尿時に痛む
排尿時には膨らんだ膀胱が縮まります。その時に膀胱のあるお腹の下のほうが刺激で痛くなります。

◆尿の色が濁る
細菌が尿の中で増えて、白血球や炎症を起こした膀胱の粘膜がはがれたりして尿が濁ることがあります。

◆尿に血が混じることがある
別の疾患の影響かもしれませんが状態によっては尿に血が混じることもあるみたいです。


【膀胱炎の予防法】

◆水分をしっかりとる
細菌を尿と一緒に出す為に、しっかり水分をとりましょう。

◆体力の低下や疲労を防ぐ
過労やストレスを抱えると体力が低下し免疫力や抵抗力が下がって感染症にかかりやすくなります。

◆身体を冷やさないようにする
身体が冷えると膀胱内の細菌が感染や繁殖しやすくなります。そして血行が悪くなると神経も乱れ正しいタイミングでトイレに行かなくなりますから気を付けてください。

◆陰部を清潔に保つ
排便後は「前からうしろ」に拭く習慣をつけて、普段から清潔を心がけて感染を防ぎましょう。

◆トイレを我慢しない
仕事をしていたりすると仕方がない場合もありますが、我慢してしまうと細菌が増えて炎症がひどくなりますから早めに細菌を排出するクセをつけてください。


【効果的なツボ】

◆中極 ちゅうきょく
下腹部の下にある恥骨の上のへりから親指の幅分上にあり、膀胱の緊張をほぐして排尿改善効果があります。

◆至陰 しいん
足の小指の爪のはえぎわ(外側)にあり、身体を内側から温め正常な排尿への効果に期待できます。

◆腎兪 じんゆ
第2・第3腰椎棘突起の間の外側にあり、背中や腰の痛みの他に腎臓の働きを整え排尿がスムーズになる効果があります。


【まとめ】

生活習慣や体質・体調などにもよりますが、頑張っている女性に多い症状なんだと改めて実感して僕もオツカノやスタッフにきちんと気配りをしないといけないなぁと考えさせてもらいました。

今日は少しデリケートな話をさせてもらいましたが、もしも不調が続いていたり当てはまる項目があった場合には早めに病院に行ってくださいね!


今日はお時間になります。

ありがとうございました。

<Sponsored Link>




タグ:症状
posted by オツ at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。