<Sponsored Link>

2016年09月13日

ゆとり世代はいつからいつまでで特徴や他世代との違いは?

こんにちは オツです。

今日の記事タイトルを見た若い人の中で、もしイラッとした人がいたら申し訳ないです。

ゆとり世代(何度もゴメン..)

自分の意思でその世代に育ったわけでもないのに、何か行動をするたびに「だからゆとりなんだよ」とか「ゆとり世代はそんな感じだよね〜」など個人としてではなくひとくくりにまとめられてしまい、しかもあまりいい評価として使われる事がないですもんね。


でも少し年上のお兄さん?から言わせてもらうと、ちょっと羨ましくもあります!

だって若いし(笑)

そして、僕たちの年代なんて◯◯世代という呼ばれ方さえありませんから、もし自分がそう呼ばれたら嫌かもしれない反面ちょっといいなーなんて思ってしまいます。
9DF77B65-AC15-40DA-81B3-56FCD9724E65.jpg
僕は長年リラクゼーションの仕事をしていて、以前はたくさんの人を指導をしてきましたが、教えてきた人は同世代もいれば年上の人も年下の人もいます。

また、お客様も同様に10代から年配の方まで様々です。

まぁリラクゼーションの仕事に限らず客商売をしていたり会社員の人もそうかもしれませんけど、生活をしているといろんな世代の人と関わる機会があって世代によって特徴や傾向に違いがあるかと感じますが、その中でもこれから日本を背負って立つ「ゆとり世代」って、いつからいつまでに生まれた人で一体どんな特徴があるんでしょうか?


そして、今の20代は「ゆとり世代」なんて呼ばれていますが、僕も含めてゆとり世代より年上の人は生まれた年で◯◯世代や呼ばれ方などがあるのかを少しまとめてみました。

🔴バブル世代
1965年〜1969年に生まれた人

◆新人類=1961年〜1970年生まれ

🔴氷河期世代
1970年4月2日〜1983年4月1日生まれ

僕は氷河期世代です(イマイチピンとこない^^;)

◆団塊ジュニア=1971年〜1974年生まれ=バブル世代より前の団塊の世代たちの子供の世代

◆ポスト団塊ジュニア=1975年〜1984年生まれ=団塊ジュニアの次の世代という事で命名

僕はポスト団塊ジュニアです(全然ピンともイラッともしない)

🔴ゆとり(さとり)世代
1987年4月2日〜2004年4月1日生まれ

◆新人類ジュニア=1986年〜1995年生まれ

◆脱ゆとり世代=1996年4月2日以降生まれ


いろんな世代や呼ばれ方がありますが、あなたは何世代でしたか?

<Sponsored Link>



先日友人が経営する美容室の若手スタッフたちのシャンプーとマッサージの練習台になってきました。
ザックリ言うと無料でシャンプーをしてもらって簡単なマッサージのやり方をレクチャーしたのですが、終わったあと20代の男女2人を連れて3人でご飯を食べてきましたが、彼ら彼女らはまさにゆとり世代のど真ん中です。


「とりあえず肉でも食べよう!」

自分の店のスタッフではないのであまり遅くまで付き合わせると申し訳ないから、焼肉屋さんではなくてわりとサクッといける「いきなり!ステーキ」さんにお邪魔してきました。

「好きなお肉を好きな量食べな」

僕は彼らにそう伝えましたが、2人とも悩んだ末に200グラムのお肉にサラダとご飯のセットにしていました。

遠慮しているのかと思ったけど、彼らはそれで充分だそうです。

とっても大きなお世話なんですが、おせっかいオジさんの僕は「女子はまぁ分かるけど、男子は肉をガッツリ食べればいいのに」そう思ったけど口にするのはやめました。

僕が若い頃はお肉をごちそうになるなら払ってくれる人が財布の心配をするくらいまで食べたけどなぁなんて思いながらも(時と場合によりますよ)まぁ世代に関係なく食事の量や好みもあるからとりあえず良しとして僕も食べます。
B24E21FD-C3EC-4B96-B8B5-2410A5A6EF3A.jpg
安定の500グラム肉のみデス♪

あなたは「いきなり!ステーキ」に行ったことありますか?

いいお肉をお好みで選んで好きな量を頼めるし、お店の回転率もよくて短時間で美味しくガッツリ食べたい時はオススメなので、近所にお店があったらぜひ行ってみてください。

〈いきなり!ステーキ〉→http://ikinaristeak.com/home/


「君たちってゆとり世代だよね?」

ちなみに僕だけお酒を飲んでいたので、知ってるくせについ勢いで聞いてみちゃいました。

「ハイ そうですよ」

聞かれた相手が僕だからなのか、全く嫌な顔をしないで当たり前のように答えてくれました。

「ゆとりって言われてイヤじゃないの?」僕はちょっと戸惑いながら続けて聞いていきます。

「いえ別に、だってゆとりですから」彼らは涼しい顔でゆとりですがなにか的に答えてくれます。

「そうなんだゴメンね変な事言って、肉が熱いうちに早く食べよう」僕は話しを終わらせましたが、彼らの世代の特徴ってなんなんだろ?

そんな訳で引き続き「ゆとり世代の特徴」について、一般的によく言われていることや僕が彼ら彼女らと接していて感じる事を少しオーバーにまとめていきます(該当世代のコは怒らないでね)

また、僕と同年代のオツ世代(笑)の人は、彼らの特徴を少しでも理解して接することでより仕事が順調に進んでいくんじゃないでしょうか?
F9CE0AC5-19DE-4D1A-B02E-E3341B78A723.jpg
◆考えが甘いことがある

豊かな環境で育ち誰かがやってくれることに慣れて育っているので、いざという時に考えや判断に甘さが出る場合もありますが、真剣に物事に取り組みながら年齢を重ねることで解消されるんじゃないでしょうか

◆ストレス耐性が低い

怒られたり叱られることや逆境に慣れていない傾向が目立ち困難に直面すると逃げ出したくなりますが、これから結果や実績を残していくと耐性も上がると思いますよ

◆すぐに答えを求める

当たり前のように便利な社会で育ち、僕たちの世代よりも親や先生とも友人に近い感覚で育った人が多いと思われます。
世の中結果が全ての部分もありますが、プロセスや過程も大切にして自分で考える能力を培うとより成長できると思います

◆責任を負いたくない

僕なんかは背伸びしてでもやってきたことが多々ありますが、比較的この世代は避ける人が多い気がします。
環境が人を育てる部分もあるのでいざという時にきちんと立ち向かう経験を積めば、不安が自信に変わってきますから頑張ってみてください

◆絶対に勝とうとはしない

絶対は言い過ぎかもしれませんが勉強・運動・恋愛などでライバルを蹴落としてまで勝とうとしない人が多い気がします。
言い換えると優しいのかもしれませんが、優しさを強さに変えないといけない時がくるかもしれませんよ

◆言われたことしかやらない

いわゆる指示待ちの人が多いんじゃないでしょうか?
でもまず言われたことをキッチリやるのも大事です。
余裕が出てきたら言われたことの意味や前後に付随することも理解できたら人間的にも向上すると思いますよ

◆コミュニケーションに不安を感じる

上司にお酒を誘われたりしても僕たちの世代よりも断る人が多いみたいですね。
でも僕はいいと思います!
自分を優先する中で大切な人との交流を深めて次第に仕事でも活かせるコミュニケーションスキルを身につけてください

◆ネット検索して上位に表示された事が答え(正解)だと思っている

子供の頃から当たり前のようにパソコンがある環境で育ったんですからある意味仕方ないですよね。
ただ成長していくにはデジタルはもちろんアナログや精神論も大切なこともあるので、柔軟な対応力を磨いてほしいと感じます。
Googleさんが教えてくれないことで大事なこともたくさんありますから

◆ゆとり世代と言われてもイヤじゃない

これは人によると思いますが、比較的多いと思いました。
僕の主観ですが、ゆとりと言われて嫌がる人は何かが足りないか向上心の強い人なんじゃないかと勝手に思っています。
55B8B35D-E1C3-4F39-B50A-B79DAD5C8CBD.jpg
「ガンバレゆとり世代!」


〈まとめ〉

もしこの記事を読んで不快になった人がいたらゴメンなさい。


「ゆとり世代だから」ではなく、年齢的にまだ社会経験が少なくて未熟な面もあると思いますから、これからドンドン成長していけばいいと思います!

悲しいけど僕たちの世代やもっと上の年齢の方でも未熟だったり非常識な人はたくさんいます。

「ゆとり世代だから」じゃなくてあなた自身の言動で評価なんていくらでも変わると思いますよ。


だって、ゆとり世代に限らず僕たちの世代も親の世代も、いつの時代の若者も言われてきましたから

「最近の若いモンは・・」って

だから必要以上にムキにならないで自分を磨いていけば、きっとあなたは社会や職場で《なくてはならない存在になる》と思います。

これから10年20年先には、イヤでもあなたたちの世代が日本をリードしていくんですから!

ゆとり世代が支える世界が「ゆとりのある世界」になり、ちょっと上の僕たちの世代が楽させてもらえたらいいなぁなんて思います。

今日はお時間になります。

ありがとうございました。

<Sponsored Link>




posted by オツ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | relaxation! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。