<Sponsored Link>

2016年08月29日

職場やプライベートで愛される・好かれる人の特徴とは

こんにちはオツです。

前回のブログでは、僕の仕事上の原点とも言えるスポーツクラブでアルバイトをしていた頃のお話をさせてもらいました。

おかげ様で前回の記事はたくさんの人に見てもらったみたいで、コメントも多数いただきまして本当にありがとうございます。

〈スポーツクラブ勤務で学んだ研修とチームワークの大切さ〉
↓↓↓↓↓

僕の過去や決断に興味を持ってくださる人や「チームワークは大切ですよね」とか「上司や環境に恵まれましたね」とか「支配人カッコいいぜ」などの感想をもらってとても嬉しく思いますし、励みになります。


ただ1つだけ訂正というか、お伝えしておかないといけない事がありましたので、今日は急遽この内容を書くことにしました。


皆さん・・
「支配人は全然カッコよくないんですよ!」


僕は支配人に仕事でお世話になったのはもちろん、プライベートでも可愛がってもらい結婚式の司会もさせてもらいました。
前回のブログ記事では、彼のいい所だけ伝わってしまったみたいなので、そこの部分は今日全力で否定させてもらいます。

<Sponsored Link>



まず見た目ですが、大柄でガッチリとした身体にヒゲ面のイケメンとは程遠いルックスに、普段は基本的に仕事以外もジャージでオシャレとは無縁なオジさんです。

家族ぐるみのお付き合いをさせてもらっていますが、お母さんからは「マーくん」と呼ばれ奥様には頭が上がりません。

仕事はもちろんできますが、正直他店の支配人さんで彼より優秀な人はたくさんいましたし、大事な場面で遅刻をしたりウッカリミスをして、本社の人にすごく怒られている姿を見かけたのは1度や2度ではありません。


だけど彼が支配人を務める店舗はすごくまとまっていました。
周りの社員さんがすごく優秀でアルバイトさんもいい人が多かったのもあると思いますが、僕はこれまでにたくさんの店舗や組織を見てきて、あれ程みんなが協力的に働いて結果を出す集団はあまり存在しないと思っています。

やはりマーくんのキャラクターや存在が大きいのだと考えるしかありません。


仕事をしているとたくさんの人と接する機会があると思います。
世の中には本当にいろんな人がいて考え方や好みなど様々ですが、その中で自分の能力以上の結果を出していけるのはマーくんのように《人から愛され好かれる能力》を持っている人なのかもしれませんね。

「なれるならそんな人になりたい!」


そんな訳で本日は「他人から愛される・好かれる人の特徴」についてお話していきます。
これからお伝えする内容は、どんな仕事をしている人でも意識することで人間的にも技術的にも成長できて、新人さんでもベテランさんでも取り入れると役立てられる特徴だと思いますので、あなたの今以上のスキルアップに活かしてもらえたらと思います!C3489F35-F166-4E83-BE08-F7F8C23E5BD9.jpg
🔴前向きである

人から好かれる人はいつでもポジティブで、明るく前向きな言動をする人が多いです。普段の過ごし方はもちろんですが、困難や難しい状況下こそポジティブに解決方法や打開策を検討し、もし結果がうまくいかなくてもグチを言わず今後の糧にできるような人は好かれやすい傾向にあると思います。


🔴信用されている

仕事でもプライベートでも大切なことだと思いますが「この人になら任せても安心」「この人には話をしても大丈夫」という存在になりたいものですね。
そこに至るまでには努力や結果が必要になりますが「正確な仕事」や「気遣い」「当たり前のことをきちんとする」などの積み重ねが評価や信頼となり、結果として愛される人となるでしょう。


🔴明るく笑顔が絶えない

やはり学校でも会社やお店でも好かれる人は明るい表情で元気な人が多いと思います。
素敵な笑顔を見せる人には、自然と魅力を感じて人が集まりやすいですし、周りの事も笑顔や元気にしてくれて愛されるキャラクターとして認識されます。


🔴とにかく優しい

好かれる人は自分の損得や感情だけで行動しない人が多いと思います。親切も押し売りや見返りを求めてのものではなく、基本的な考え方が「相手への気持ち」や「思いやりを持って接すること」という人は素敵ですよね。
相手が今何を求めていて、そしてそれを察知してさりげなく行動できるような人は間違いなく愛される人だと思います。


🔴人を傷つけない

人間として当たり前の事なのですが「自分が人にされて嫌なことは他人に絶対にしない」というのは頭の中では誰でも理解しているのですが、なかなかきちんとできない事もあります。
人から好かれる人は相手の気持ちを考えられるので、むやみに他人を傷つけたりしません。
逆に好かれない人は嫌がらせをしたり相手の気持ちを尊重しない人が多く、そんな人は仕事をしたり一緒にいるのを避けられてしまいます。


☆ここまでは好かれる人の特徴を書いていきましたが、反対に「愛されない人・好かれない人の特徴」もあえて書いていきますので、もし該当する項目がある人は改善すると周りからの印象が良くなるかもしれませんよ!


❌気が利かない

いわゆるKYってヤツですね。
気が利かない人は何事も自己中心の言動をするため周りへの配慮や気配りができません。
特に大人になると自分を抑えてでも相手を優先させる場面が増えてきますので、そんな時に相手を尊重できないと評価を下げてしまいます。
016104E1-5723-44CB-9D79-03172DAC3080.jpg
❌基本的に不機嫌

上に書いた明るく笑顔が絶えない人の逆ですよね。
明るい人の周りには人が集まるし一緒に仕事をしたくなりますが、逆になんかいつも怒っていたり不機嫌なオーラを出していると人から避けられてしまいます。実は内面がいい人でも、怖い人だという印象を与えてしまうと周囲から距離を置かれてしまいます。


❌口調や態度がキツイ

《親しき中にも礼儀あり》です。
例え上司と部下の関係であっても「お前何やってんだよ」とか「さっさとアレやっとけよ」みたいな言い方をされて、気分良く働ける人は少ないと思います。
また「ドアを閉める時にバタン」「何かモノを置く時にズドン」必要以上にモノに当たったり、注意しないで物音を大きく立てるような人も好かれにくいと思います。


❌時間や約束(ルール)を守らない

これも社会人として当たり前の事なのですが、約束やルール・時間や期限を守らない人は嫌われてしまいます。
例えば仕事上「一生懸命やったけど結果が伴わなかった」のとは違い、やろうとしない場合や改善されない事が続くと周囲からは愛されない人になってしまいます。


❌人を傷つけたり、悪口を言う

僕ダメだ マーくんの悪口言っちゃってる(苦笑)

コミュニケーションの線引きで難しいのが「イジメ」と「イジり」の境界線だと思いますが、結果的には《やる側の気持ち<受けとる側がどう思うのか》ですかね?!

例えば僕は支配人から何度も殴◯れたりガチでプロレス技をかけられてきましたが、イジメられたとは思っていません(僕もやり返しますしね)

問題なのはきちんとコミュニケーションがとれていない中で、自己中心的に不必要に相手を傷付けたり不快感を与えてしまう事で、そのような言動をする人は他人から好かれる要素が見当たりません。


☆愛される人の特徴や好かれない人の特徴は分かったけど、一体どうすれば周りの人から愛され好かれるようになるのでしょうか?
続けて解説していきます!
C11BCB1B-7F69-4DB8-B044-01E5ECF35F0F.jpg
🔴とにかく人の話を聞く

好かれる人はとにかく人の話をうまく聞く印象があります。そして聞き上手な人は話すのが上手い傾向があるので、やはり好かれやすいです。
万人相手に上手に話すには、ある程度の経験や話術が必要になりますが、話を聞くことは誰でもできます。性別・年齢・キャリアやキャラクターに関係なく、自分の言いたいことより相手の言いたいことをさえぎらないで真剣に聞くと、相手も気分が良くなり好印象を与えるでしょう。

また、いろんな人の話を真剣に聞くことを積み重ねていくと、結果的に知識や話題が豊富になり必然的に話し上手になって愛される存在になるんじゃないでしょうか。


🔴相手の気持ちを考える

これも上に少し書きましたが、自分本意の言動を繰り返す人は自己中心的(自己チュー)な人物として敬遠されてしまいがちです。
他人から愛され好かれるには相手の状況や気持ちを優先して考え「この人は今こんな気持ちなのかな」とか「もし自分だったらこうしてもらいたいかな」と常にアンテナを張ることで、より成長していけると思います。


🔴謙虚に柔らかく接する

僕がこれまでたくさんの人を見てきた中で、好かれやすい人は謙虚で物腰が柔らかく近寄りやすいオーラを出していました。
《近寄りやすい→話しやすい→仕事も人も寄ってくる》そんな良い流れになりますしね。

反対に高圧的でキツイ人は近寄りにくいので、上とは逆に負のループにハマってしまいます。

人から好かれるには、年齢や立場など関係なく謙虚に過ごし、他人に柔らかく接することで周りの評価が変わってくるんじゃないかと思います。


🔴素直に前向きに接する

仕事柄見る機会の多い「よく指名をとるスタッフ」の特徴でもあると感じます。
多くの人から好かれるような人は、あまり裏表がなく素直で前向き・そして自然体の傾向があると思います。
失敗や辛いことがあっても、素直に前向きに受け入れ改善に繋げられるので同僚やお客様からの評価も高くなります。


🔴きちんと言葉で伝える

相手は分かってる・分かってくれているという信頼関係はもちろん素晴らしいのですが、これも上にも書きましたが《親しき中にも礼儀あり》です。

「おはようございます」
「お疲れ様でした」
「ありがとうございます」
「いつもありがとうございます」
「いただきます」
「ごちそう様でした」

些細な事でもきちんと言葉にして伝えられると、嫌な気分になる人はいないと思います。

これも当たり前の事なのであえて書くのも気が引けますが、若いうちは言葉にするタイミングがとれなかったり、やってもらって当然の気持ちがどこかにあったり、逆に年をとってきたり付き合いが長くなると、ついおろそかにしてしまいがちだと思いますので、書く事にしました。

あなたが思っているだけでは相手には伝わりません。
あなたが感じた事をあなたの言葉で相手に伝えるだけで、伝えられた人は好感を持ってくれると思いますよ!


【まとめ】

支配人(マーくん)は決してカッコいい訳ではありませんが、人から好かれる・愛されるキャラクターでした。そして、そんな人が上に立つことで組織もしっかりしていたんだと思います。

人から好かれる為だけに行動していくのは難しいし本末転倒になってしまいますが、自然に行動する中でなるべく相手の事を考え不快感を与えないように接していると、結果として人から好かれ・愛される存在になり、仕事やプライベートも今以上に充実していくんじゃないでしょうか?!

周りから必要に感じてもらい、好かれたり愛されるような存在になりたいですよね〜

お伝えしてきた中で、もしも意識できることがありましたら今日から実行して”愛されキャラ”になってみてください!

僕も書いていて普段少しおろそかにしていた事に気が付いたので、マーくんに負けない(怒られない)ように、これからきちんとしようと思いました。


今日はお時間になります。

ありがとうございました。

<Sponsored Link>




posted by オツ at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | relaxation! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。