<Sponsored Link>

2016年08月21日

リラクゼーションサロンの実力や底力が分かる「雨の日対策」

こんにちはオツです。

オリンピックで日本シンクロが銅メダルを獲得しましたね!選手たちの頑張りはもちろんですが、個人的には井村ヘッドコーチの存在に注目してしまいます。

「メダル請負人」と呼ばれる彼女は、シンクロナイズドスイミングがオリンピックの正式種目になった84年のロサンゼルス五輪から6大会連続でメダルを獲得して、アテネ五輪を最後に退任しその後は中国・英国を指導。彼女が日本を離れたことで日本シンクロ界の低迷が始まったと言われています。

他国を指導することで裏切り者扱いされながらも、縁やタイミングで日本に復帰して「徹底した生活指導」と「ハードトレーニング」で結果を出した彼女の手腕や人間性には頭が下がります。

3月に行われた五輪世界最終予選では、ウクライナにわずかの差で敗れ予選2位通過となった彼女たちは「僅差は天から与えられた課題」として努力を重ね、本番に挑みました。
結果は金メダルではありませんでしたが「細部にこだわり、ハードトレーニングをこなして」表彰台に上がった選手たちに心から拍手を送りたいと思います。

専門家でもないのに長々スミマセン...オリンピック関連の情報に興味のある人は僕の友人の記事を読んでください。
〈シンクロ 日本が3大会ぶりの銅メダル獲得!〉
〈リオデジャネイロ オリンピック速報〉

さて8月も後半になってきましたが、あなたのお店は順調でしょうか?暑さから疲れている人が多く、お盆休みも重なり忙しくしながら毎日過ごしていますかね?!

日頃忙しくしていると、ついおろそかになってしまいがちですが「来店されたお客様にまた次きてもらえるような努力」を普段からしていきたいものです。

特に9月に入ると台風が日本に直撃しやすくなり、来客数が減ってお店にもダメージを与えてしまいます。ちなみになぜ9月に台風が日本に上陸しやすくなるのかなんですが、夏場は日本列島が太平洋高気圧に覆われているため、台風は日本に近づかないで北上しますが、9月頃には太平洋高気圧の勢力が弱まってくる影響から日本に台風が上陸しやすくなり、その時期を過ぎた10月くらいになると高気圧がせり出して台風が日本の南側を通過する傾向があると言われています。

話を戻します(ーー;)
客商売をしていると売上や集客が天候に左右されることがあるかと思います。僕は過去に多数の店舗の運営に携わってきましたが、店の立地条件などにもよりますが基本的に雨の日は売上が落ちやすくなります。

まぁ当然かもしれませんけど僕もどこかに出かけるなら、やっぱり天気が良いほうが圧倒的に行きやすいと思うし、多分誰だってそうだと思います。

ただ自分でお店を経営していると、そうも言っていられません。なるべく日々「安定して売上を上げるため」とか「雨の日でも集客を減らさないように」努力や工夫できることを全力でやっていく必要があります。

「ウチの店はいつでも集客があるから別にいいよ」っておっしゃるうらやましい店舗さんはいいのですが「ウチは雨だと売上が落ちるからな〜」と嘆いているオーナーさんや店長さんがたくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか(僕も若い頃はそうでした)


そんな訳で本日は「リラクゼーションサロンの雨の日対策」についてお話していきます。
僕が長年リラクゼーションの仕事をしながら《分析や試行錯誤を繰り返してきた情報》を今日はお伝えしていこうと思います。

<Sponsored Link>



まず最初に「雨の日でも来店してくれる人」ってどんな人なのかを分析していきます。
もちろん絶対とは言えませんが、比較的こんな人だと把握した上で対応していくことで、また今度も雨の日にきてくれるかもしれませんよ!


◆予約をしている人

事前に予約をしてくれる人は、基本的によほどの事がない限りキャンセルされません。つまり普段からの予約の強化が自然に雨の日の強化に繋がります。
経験上ですが、当日予約より施術後に次回の予約をしてくれるようなありがたい人は、天候に関係なく来店してくださるのでそんなお客様を多く抱える店は強いと思います。


◆スケジュール通りに動く人

予約をしてくれる人と少しカブりますが、ニュアンスとしてはご自分のスケジュールをきちんと管理されて活動している人だと思ってください。
そんな人は比較的忙しくされていて、限られた時間を捻出してご来店されます。仕事や家庭のこともきっちりこなしながら「休みのこの時間に行こう」と決めて動かれるので、そんなお客様を大切にしておくと、いざという時に重宝すると思います。


◆雨だと仕事ができない人

外で働いている人がメインになりますが、仕事ができなくなって空いた時間に来店してくれる本当に助かるタイプのお客様だと思います。また、屋外で働いている旦那様を持つ奥様が来店されるパターンもあります。
普段から外の暑い(もしくは寒い)中で働かれるお客様をねぎらい、しっかり対応をしておくことで、お店の救世主になってくれるかもしれません。


◆いい意味で少し変わった人

雨だから空いてるだろうと来店される人はまだいい方で、たまに「この人はどっからどうやってきたんだろ?」っていう不思議なお客様がくることがあります。
リラクゼーションの仕事を長年やっていると、少し変わった不思議な人を見かける事がありますが、そんなお客様もきちんと対応しておくことで僕は何度も店のピンチを救ってもらいました。


次は逆に「雨の日に来店しない人」はどんな人なのかを考えてみます。こちらも絶対とは言えませんが、覆すことができたら雨の日に来店して店にとってプラスになるかもしれません。


▲いつでもこれる人

近所に住む主婦の方などは、基本的にいつでもこれるので無理に雨の日に来店しません。
ただ、何かしら付加価値があれば雨の日にきてくれるかもしれないので、工夫する余地はあると思います。


▲移動手段のない人

比較的年配の方が多いと思いますが、雨で自転車に乗れないとか車の免許を持っていないとか、自力の来店が困難な人は周りの家族やご近所さんに店の良さやその人にとって店の存在が大切であることが伝われば、協力してくれる事があり雨の日でも来店される可能性が出てきます。


▲面倒くさがる人

僕もそうです。雨の日は面倒ですが、やはり何か付加価値があれば来店される可能性が出てきます。
値段なのかサービスなのか分かりませんが面倒さを上回るメリットがあれば意外と来店してくれるものです。

1つ実施例を出します。
僕は以前「雨の日の(カサを持って来店された)お客様に先着◯名様限定で1万円のコースを半額」というコースを設定し徹底して告知をした結果大盛況でした。
あなたの店の状況やルールに合わせて工夫すると面倒くさがる人が進んできてくれるようになるかもしれませんよ。


▲気を使う人

常識のある人は、濡れているからとか汚してしまうから申し訳ないって思ってしまうものです。
気遣いはとてもありがたいのですが、店としてはそんなの全然大丈夫で、むしろ暇な方がキツいですからお客様に気を遣わせないように普段から努力をしていくと、いざという時に助かると思います。

4C06AD90-EA06-46A7-99D0-F84F88646257.jpg
「雨だと暇だニャ〜・・」


ここからは実際に僕が実施してきた(している)雨の日対策についてのお話をしていきます。
お店の設備やシステムによってはできる事やできない事があるかもしれませんが、参考になればと思います。


🔴予約の強化

予約については上にも少し書きましたが、予約のない店やデメリットと考える人もいますが僕の経験上は上手く使うと店としては必ず武器になると思います。
きてくれた人にまた次にきてもらう約束をするには信頼関係が必要になりますが、お客様との信頼関係を日々築いてその人数を増やしていくことで、結果的に雨の日でも暇にならない店になると思います。


🔴雨の日専用サービス実施

こちらも上に1つ書きましたが、いくらでもやり方はあると思います。割引でも延長でも限定コースでもいいのでお客様のニーズを探り、反映させると効果的です。
面倒な中で足を運んでくれるのですから、店として痛手にならない程度にお客様に還元することができたら、長い目で見たらきっとプラスになると思います。


🔴SNS・メルマガで告知

こちらは普段から活用している事が条件になりますが、リアルタイムの情報は本当に反応が早いです。店やスタッフのファンが増えれば告知を見てタイミングの合う人や助けてあげようと考えてくれる優しい人がきっと力になってくれます。
僕もですが不慣れな人は(スタッフもお客様も)最初は抵抗がありますが、やっていくとコミュニケーションの手段にもなるしメリットは大きいと考えられます。


🔴カサ・着替え・タオルの貸し出し

これは本当は言いたくなかった^^;
当店は無料で上記の貸し出しをしています。晴れていたのに施術後に大雨になるパターンや豪雨の中で来店されてびしょ濡れになり着て帰る服がない人用に数年前から実施しています。
安く仕入れたらコストはかからないし、一応貸した人の名前や電話番号は控えますが、まれに返ってこなくてもそんなにダメージはありません。貸した人は感謝してくださり返却時に施術を受けていかれる人がほとんどです。

どんな状況下でも来店してほしい気持ちで準備をしていたら、こんな形になったんだと思います。


【まとめ】

いかがでしたか?
一般の方がお店を利用する時に悪天候の中で店内が混み合っていたら、実力や底力のある良いお店なのかもしれません。

お店を運営している人は、自分の店をそんな素晴らしい場所にしていく為に普段から努力や工夫をしていく必要があると思います。

「物理的なアプローチ」と「おもてなしの精神」をスタッフ全員で共有し、お客様の気持ちになって店を運営することができれば、きっと理想的で素敵なお店になると思いますよ♪


合わせて読んでほしい「ゲリラ豪雨について」の記事です。

今日はお時間になります。

ありがとうございました。

<Sponsored Link>




タグ:接客業
posted by オツ at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。