<Sponsored Link>

2016年07月13日

マッサージ店を利用する人の本当の目的とは?

こんにちはオツです!

ブログを始めてから数カ月が経ち
慣れないパソコンでの作業も少し
だけスムーズになってきました。

僕は長年リラクゼーションの仕事
をしていて、以前は全国展開する
大手の店舗でエリアマネージャー
や店長を務めて、その後独立して
自分の店を出して今に至ります。

常連のお客様からは
「1日に何人やるの?」とか
「自分は体凝らないの?」など
よく聞かれる事がありますけど...

まぁ仕事なので慣れもありますが
個人的には1日に10人やっても
肉体的な疲労はそんなになくて、
どちらかと言うと精神的な疲れの
ほうが大きい気がします。

まぁ比べるものではありませんが
外で肉体労働をされている方や
夜勤や運転のお仕事をされる人
長時間デスクワークの方よりは
肉体的負担は少ないと感じます。

仕事や人間関係などさまざまな
理由で疲れている方が多い昨今
ですが、そんな中で僕の仕事は
成り立って僕自身生活する事が
できているので、少し複雑です。

<Sponsored Link>



今日は「マッサージ店を利用する
人の本当の目的とは」という内容
で、これまで何万名ものお客様を
みてきた僕の見解をお話します。

実は以前にお伝えした”欲の話”の
延長なのですが、人間には「本能
的に持つ欲」がありヒトはそれに
支配されて動かされている事を、
今日はお伝えしていきますね!

この話はリラクゼーションの仕事
をしている方に理解して活かして
もらいたいのはもちろん、業種の
違う人や人間関係に悩む方も応用
が効く内容なので、あなたなりに
取り入れて参考にしてください。

☆人生を豊かに過ごして
楽しく快適に暮らしたい

いわゆるお客様といわれる人は
ほとんどがこれを求めています。

僕のお店でいうと生活圏にウチの
店があり定期的に来店される方。
この方にとっては技術やサービス
が合格点でよほど失礼がない限り
ご自分のペースで来店しますが、
優先順位で勝る事があればそちら
に時間もお金も使うので来店頻度
が下がる可能性があります。

《豊かに快適に暮らすために》
その方にとってのサービスが日常
の中の少しの贅沢という位置付け
で、それを満たす技術やサービス
を提供する必要があります。

☆痛みや恐怖から逃れて
生き残り、長生きしたい

人間は当然、元気に長生きしたい
ので常にではなくても、みなさん
この気持ちを秘めています。

ウチの店でいうとあそこに行くと
身体の調子が良くなったり長生き
ができるかもしれないという技術
やサービスが提供できれば、この
方は進んでご来店されます。

ただしこの欲の悪用は絶対ダメで
「マメにこないと癌になる」や
「歩けなくなります」的な脅しや
押し売りはしてはいけません。

《元気に長生きしてもらう為に》
その方の意思で来店される技術と
説得力や配慮が必要になります。

☆他人に勝り世の中に
後れを取りたくない

いわゆる見栄やプライドの
問題でお店や商品でいうと
「あの店に行ってるんだ」って
いうステータスや、ブランドや
最新の商品を持っている誇り、
逆に「こんな古いのまだ使って
るの」とか「今時それはない」と
思われたくないので、その気持ち
を利用した商売になります。

《他人に勝り後れないために》
自分の店の看板やサービスが
お客様のステータスになるよう
努力をすると必然的に賛同する
お客様はついてくるでしょう。

☆性的に交わりたい

少しデリケートな部分ですけど、
人間はいくつになっても異性と
交わりたい生き物ですから...
いやらしい意味ではなく異性に
声を掛けられ身体を触れられる
事を目的に来店されるお客様は
数多くいらっしゃいます。

《お店としては》
お客様から見て素敵な異性を多数
抱えると来客数が増えるでしょう
*ルックスだけではなく、人間性
のいい人材の確保と育成が必要。

☆愛する人を気遣い守りたい

素敵な欲ですね。僕の店でいうと
自分が気持ちいいからとか、楽に
なりたいからよりも「大切な家族
を守る為に俺が元気でいなきゃ」
というナイスな気持ちのある方や

パートナーや親や子供など大切な
に、元気でいてもらう為に来店
をさせるようなお客様の事です。

《愛する人を気遣い守りたい》
そんな素晴らしい心のお客様は
「誰かの為に何かをする」という
事ができる人なので、店側はそれ
を上回る気持ちやサービスが提供
できなくてはいけません。


少し長くなりましたが、ここまで
見てくださって本当にありがとう
ございました ( ´ ▽ ` )ノ

マッサージ店を利用する人の来店
理由をいくつかご紹介しました。

普段何気なくマッサージ店を利用
してるあなたも何か欲求があって
それを満たす為に行っています。

お店や商売をされている方は、
その欲求を満たしてあげるべく
日々努力していきたいものです。

この記事を見てくださった
あなたのお店が繁盛したり
個人の成績があがったり...

欲を理解する事で人間関係が円滑
になったりしたら嬉しいです!

今日はお時間になります。

ありがとうございました。

<Sponsored Link>




posted by オツ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | relaxation! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。