<Sponsored Link>

2016年06月13日

もみかえし対策

こんにちはオツです!

最近雨が降ったり、暑かったり、
この時期まだ身体が冷房に慣れて
ないから、なんかダルいし (´Д` )

お客様もいつもよりおつかれで
ご来店される方が多い気がします。

こんな時こそしっかりと動いて
水分補給して乗り切りましょうね♪

昨日は「もみかえしの原因」
についてお話しましたが、
今日は施術者や指導者向けに
「もみかえし対策」のお話を
させてもらおうと思います。

昨日の記事を見てもらっている前提
でさっそく実践形式でいきますね。

<Sponsored Link>




【お客様がご来店→受付】
☆足を引きずっていたり、過剰に
肩、首などの凝りを気にしている
かをしっかりチェックしましょう。

・足を引きずっている場合は当然
足、腰が悪い可能性があります。

・肩、首など過剰に気にされている
場合はそこをピンポイントでやって
欲しい可能性が高いです。

【施術前に問診】
☆過去もしくは現在大きなケガや
病気などされていないか確認して
今日やって欲しい部分や気になる
事があれば事前に聞いておく。

・施術に支障がありそうな場合は
そこは避けるか気をつけて行う。

☆僕はここで症状が辛そうな方や
もみかえしがきそうな方には痛み
や可動域のチェックをしながら
さりげなくストレッチをします。

「腕はこっち側に挙がりますか?」
「こうねじったら痛いですかね?」

「腰は反ったら痛みますか?」
「横に倒したら引っかかります?」

「首は傾けたら痛みますか?」
「こっちには向きにくいですか?」

などなど面倒くさいと思われない
範囲で痛みや可動域のチェックを
しながら、お客様の身体をあたため
ながらストレッチをしてもらう事で
もみかえしのリスクを減らします。

【施術中】
☆関連する部位から施術する

お客様的には一刻も早く辛い場所を
圧してほしいのですが、焦って患部
を一気にやろうとせず冷静に最初は
確認程度に圧していきましょう。

もみかえしがきやすい部位として
首、腰、ふくらはぎがあります。
・首の場合は腕か肩
・腰の場合は足か背中
・ふくらはぎの場合は足裏か太腿

スタンスとしては「あなたのここが
辛いの分かりますけど一気にやると
あとで痛くなる可能性が高くなるので
周りからやらせていただきますが、
最終的にはしっかりやりますから
ご理解ご協力くださいね」という
形で誠意を持って施術しましょう。

☆患部を強く長くやり過ぎない

ここの説明はもう必要ないかと思い
ますが、上記の通りお客様にご理解
いただき強さの確認を怠らないよう
に進めていきましょう。

特に経験の浅い方は《ヤバイな》
と思ったら絶対に無理しない事。

指導されている方はいち早くこの
ポイントを気づかせてくださいね。

☆筋肉の方向に逆らって圧さない

以前にもお伝えしましたが、
強さ=痛さではないので適切な場所
に適切な力を加える事ができるかと
「なぜそこが硬くなったのか?!」
を理解する必要がありますがそれを
説明すると長くなるので今日は割愛
させてもらいます。

【施術後】
☆お客様に圧された痛みはないかの
確認をして、このあと熱いお風呂や
飲酒、スポーツなど避けてできれば
水分を多めにとり、ゆっくりされる
ようにお伝えください。

【最後に・・・】
僕は修行時代指やヒジが擦り切れる
くらい練習させてもらって、同時に
今ならパワハラだろっていうくらい
先輩方にガツガツ圧していただいて
感覚を鍛える事ができました。
(今の時代はそんな事できないので
自分のペースで覚えてくださいね)

今でこそ偉そうに語っていますが、
新人時代は僕にやられて痛みが出た
お客様も正直たくさんいます(汗)

僕は今、文章で自分の経験や感覚を
伝えさせてもらっているので、、
あなたの圧し方や強弱を直接指導
する事はできません。。

近くに教えてくれる方や先輩など
がいるなら、指示に従って安全で
確実な練習や実践で感覚を磨いて
少しずつスキルアップして下さい。

もし近くに教えてくれる人がいなくて
何か悩んでいたり、直接教えてほしい
事があれば、ぜひご連絡ください。
(可能な範囲で対応しますので...)

☆twitter☆

僕の書いた内容が少しでもあなたの
参考になり役に立てば嬉しいです!


今日はお時間になります。

ありがとうございました。

<Sponsored Link>




タグ:もみかえし
posted by オツ at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。