<Sponsored Link>

2016年06月10日

ライバルに負けない会話術


こんにちはオツです!

接客業をしていると・・

「あのお客さんとはなんかすごく
気が合うんだよな〜」とか

「あのお客さんいろいろ教えてくれる
(もしくは聞いてくれる)から好きだな〜」

って言うお客様いますよね(^з^)-☆

サービスを提供する側の僕たちも
そんな風に思ってもらえるように
愛される会話術をモノにしましょう♪

昨日は人間が好感を持つケースで

*自分に似ているから好きになる

*自分にない魅力があるから好む

という話をしましたが引き続き
実践形式で2パターンやります。

ライバルが知らないちょっとした
コツで一歩先にいってみましょう!

<Sponsored Link>





ボーリングが趣味のお客様に対して
自分もボーリングをやる設定です。

☆相手の趣味や興味がある事など
何でもいいのでとにかく全力で...

お客様
「ボーリングやってきて疲れたよ」
オツ
「えっ俺もやるんですけど
最高スコアどれくらいですか」
お客様
「220くらいだよ」
オツ
「すごいですね俺なんてギリ200
くらいですよ」

☆万が一自分の方が好成績でも
必ずお客様を下回りましょう!

オツ
「今日は何ゲームしたんすか?」
お客様
「今日は5ゲームだよ」
オツ
「どうりで腕パンパンですよ」
お客様
「そうなんだよ全身キツくて」
オツ
「元気に続けるためにケアしないと
いけませんね」

そんな感じでお客様的には

・趣味を理解して同調してくれる
・理解してケアしてくれるから行く

そんな流れができあがります。

まぁ同じ趣味を持つモノ同士なら
自然と会話は盛り上がるでしょう。

次は施術者がボーリングの事を
よく知らない場合。

会話が苦手な方や慣れない方の為に
*オウム返し(相手が言った言葉を繰り返す)と
*「サ・シ・ス・セ・ソ」を入れて
やってみます。

お客様
「ボーリングやってきて疲れたよ」
オツ
「ボーリングですか 学生の頃以来
やってないなぁ」

☆自分がやってない事や知らない事
も否定せず教えてもらうスタンスで

オツ
「最高スコアどれくらいですか?」
お客様
「220くらいだよ」
オツ
「220ですか サすがですね」
「1ゲーム何投でしたっけ?」
お客様
「全部ストライクなら12投で
全部はずしたら20投だよ」
オツ
「全部ストライクなら12投で
はずしたら20投かシらなかった」
「大会とかは出るんですか?」
お客様
「この前出て準優勝だったよ」
オツ
「準優勝ですか スごいですね〜」
お客様
「まぁ参加者20名だけどね」
オツ
「いやいや セんすあるんですね」
「昔からやってるんですか?」
お客様
「本格的に始めたのは40歳過ぎからだよ」
オツ
「ソうなんだ40歳過ぎてからかぁ
俺もやってみようかな〜」

そんな感じでお客様的には

・趣味を理解して聞いてくれる
・理解してケアしてくれるから行く

そんな流れができあがります。

同調する時も知らない事を教えて
もらう時もですが、注意点としては
当たり前ですが話したがらない人や
寝たい人には無理に話しかけない事

そしてやるなら徹底的にやる事デス
(わざとらしくなりすぎに注意して)

お客様的には、いずれの場合も
スッキリしてもらえると思います。

技術的なスッキリじゃなくても
”自分の好きな事に同調してくれる”
”自分の好きな事を尊重して聞いて
くれる”

この感覚は時に技術を越えます!

ライバルがテクニックに頼ったり
最低限のお話をしているスキに...

あなたのチャンスですよ(^_^)v


今日はお時間になります。

ありがとうございました。

<Sponsored Link>




タグ:会話術
posted by オツ at 21:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
業種は少し異なりますが、接客業を始めたばかりで、オツさんの記事を楽しみに拝見させてもらっています。
モコちゃんとレオくんの写真も癒されます。
これからも情報発信、よろしくお願い致します。
Posted by イイダ at 2016年06月15日 17:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。