<Sponsored Link>

2016年06月06日

変化はお好きですか?


こんにちはオツです!

順調にスキルアップしてますか?
ライバルの背中は見えてますか!

お店の運営は問題ないですかね?
さらに先の展望も見えてますか!

あなたが順調である事を願って
今日も元気にブログを書いてます♪

さて突然ですがあなたは
変化する事はお好きですか?

ちなみに僕は苦手デス(−_−#)

できればいつも同じ道を通りたいし

できればいつもの場所で食事して

いつもの喫茶店でコーヒー飲んで

いつも好きな服を着ていたいし

何かにチャレンジする時は失敗が
怖かったり、面倒だったり

よく言えば安定志向ですが
悪く言えば完全にヘタレです。

積極的に知らない店に行ったり
ガンガン新しいモノを買ったり

たまに変化を楽しめる人を見ると
すごくうらやましく思います。

これは僕の感覚ですけど僕以外にも
同じ悩みを持つ人は多いはずです。

だって人間だもの(笑)

このブログで昨日も個性別上達法
をお伝えしましたが、残念ながら
人間は基本的には変わりません...

僕自身もそうだし、過去に何百名と
指導してきた結果痛感しています。

じゃあ経験の浅い方からは
「これから変わってドンドン成長
しようと思ってるのに!」とか

一生懸命指導している方からは
「どうしたらいいんだよ!」

という声が聞こえそうですが...

変化する事と成長は違いますから
今覚える事がある人はいろいろと
チャレンジする必要がありますが
自分の感覚は大切にしてください。

指導する立場の方はその人が
生まれ育って培ってきた環境や
習慣は尊重した方がいいです。

人間は変化を嫌いますから、無理に
何かを変えようとすると残念ながら
嫌われてしまいます...

じゃあどうしたらいいのか?

<Sponsored Link>




上記した僕の例で言えば・・

いつも通らない道を通って一万円
もらえるなら喜んで通るし

いつも行かないご飯屋さんや喫茶店
で無料サービスをやってたら行くし

いつも着ないスウェット上下で
モテるなら毎日着るでしょう

「ただのケチでモテたいヤツやん」

いえいえみなさんそうですよ!

だって人間だもの(笑)

つまり自分にメリットがある事なら
自らチャレンジするのです。

つまり僕たちは
”変化は嫌いだけど、それを上回る
メリットがあれば自らするのです”

無理矢理に変えようとするのと
自ら変わろうとするというのは

似て非なるものですから。。

今後覚える事がある新人さんは
自分の感覚を大切にしながら
日々いろいろ吸収してください。

指導する立場の人は教えてる人が
自ら変わろうとするきっかけを
与えてあげるといいと思います。
そしてついでに言うとデメリット
を的確に伝えるのもオススメです。

その圧し方だと身体(手首や腰)
痛めるからこの方がいいよ とか

相手を気遣いながら言う言葉は
効果絶大ですからね☆

変わらないでいられるのもいいけど
より理想に近づけるように
日々進化していきたいですね!

今日はお時間になります。

ありがとうございました。

<Sponsored Link>




posted by オツ at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | relaxation! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。