<Sponsored Link>

2016年06月03日

腰椎椎間板ヘルニア(続き)


こんにちはオツです!

昨日に続き腰椎椎間板ヘルニア
に関連するお話をしていきます。

☆昨日見てない人は先に見てね☆


そもそも腰椎椎間板ヘルニアとは?

簡単に言うと、腰椎椎間板が
突き出て神経を圧迫している状態

【症状】
腰の痛みと足のシビレ

【原因】
ストレス、重労働、喫煙、遺伝など

【対処】
直後は安静にして冷やす
痛みが和らいできたら固定して
負担のかからないように過ごす


さて昨日の山下君の話の続き...
精神的にも肉体的にも追い込まれた
山下君の出した答えと結末は...?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
仕事を休んで腰の手術を検討する
山下君に僕はメールをしました。

かなり長文だったので割愛して
要点だけお伝えしますね。。

*身体の症状だって顔や性格と
同じ個性なんだから、向き合って
うまく付き合う努力をしなきゃ。

*仕事がうまくいかないからって
暴飲暴食や現実逃避して、結果が
よくなるのか?
むしろ身体の事をいたわる姿勢が
お客様に伝わるんじゃないか。

*お客さんが腰のヘルニアだって
来店されたら、すぐに手術をする
ようにオススメするのか?
君のやりたかった仕事というのは
そういう内容だったのか。

*俺の代理をする事は、圧し方や
立ち振る舞いを表面的にマネする
事じゃなくて山下君が自分らしく
やれる事を一生懸命やろうとする
姿勢じゃないのかな?
スタッフもお客様もそういう所を
見ていると思うよ。

*もし君が人の上に立つ日がきたら
その時は誰も助けてくれないし、
むしろ助けてあげないといけない
けど、今のままで大丈夫かな?


僕は彼がうまくいかない原因を
自分の身体のせいにして努力を
怠る傾向がある事が納得できず
気持ちをすべて伝えました。

負担のかかる仕事を与えてツライ
状況にした申し訳なさはありますが
彼なら乗り越えられる、そして次の
ステップに行く為にはこのピンチを
チャンスに変えて成長してほしい。

かなり熱いメールをして数分後

「分かりました」

山下君からは簡単な返信だけ。

う〜ん大丈夫かなぁ?!

僕は山下君がやめる事も想定して
今後の予定や人の手配をします。

<Sponsored Link>





それから5日後・・・

僕の出先に山下君が顔を出します。
新人研修中だった僕は驚きを隠し
キリのいい所で休憩をとります。

オツ「身体大丈夫か?どうした?」

山下君
「安静にしてたらよくなりました。
あとオツさんに言われていろいろ
自分なりに考えてみたんですけど






もう少しお休みいただいたら
またお世話になっていいですか?」

良かった〜と思いながらも顔に
出さないように、冷静な感じで

オツ
「うん。でも俺が言った事今後も
意識して実行しないと繰り返すよ」

山下君「ハイ大丈夫です」

僕は彼を信じてそれ以上は言わず
山下君のシフトの微調整だけして
新人研修に戻りました。

それから1ヶ月後・・・

生活を改めて引き締まった姿の
山下君が店内で活躍してました。

無理をして僕の代役をするのでなく
彼らしい姿勢でスタッフに接したり
お客様に対応する姿を見た僕は

もう大丈夫かな!と思いながらも

その後山下君を数年見守りました。

時には厳しく...
そして時には厳しく

ごくたま〜に優しく

山下君は弱音を吐かず
必死で努力を続けました。

あれから約10年・・・

地元に帰って接骨院を開業した
山下君から最近LINEがきました。

大変だけどやりがいがある事

あの時の経験が活きている事

近々結婚するとの事(−_−;)

マジか!まさかヤツが俺より
先に結婚するとは(苦笑)

まぁいいや おめでとう♪♪
順調そうでなによりです!

そんじゃ久しぶりに
飲みにでもに行きますか?

たっぷりイジメてあげるから(笑)
F205FB60-A1AC-478E-B43C-6534F9A14860.jpg
【補足】
今回は僕とスタッフの仕事上の実話を
お伝えしましたが腰椎椎間板ヘルニア
の手術を否定したり痛みを我慢する事
を推奨する意味ではありませんので、
ご理解ご了承ください。



今日はお時間になります。

ありがとうございました。

<Sponsored Link>




posted by オツ at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。