<Sponsored Link>

2016年05月28日

肩関節周囲炎

こんにちはオツです!

今日は同級生のお母さんが
きてくれました。
お孫さんの運動会だったらしく
いつもよりお疲れでした。
このお母さんは月に一度くらい
きてくれるのですが
ここ最近五十肩の症状が
出てしまっているので、
なんとかしてあげたいのですが..

そんな訳で今日は
「肩関節周囲炎」いわゆる
四十肩、五十肩について
お話していこうと思います。

お店により若干の誤差はあると
思いますがリラクゼーション
サロン来客者の約6、7割が
肩、首の凝りが原因なので
理解して対応しましょう!
<Sponsored Link>




【肩関節周囲炎とは?】

肩関節の可動制限があり、
痛みを伴う状態

【原因は?】

関節を構成する骨、軟骨、
靭帯や腱などが老化の為、
周辺組織に炎症を起こしてしまう
*主に4、50代で症状が出る
事が多い

【時期による症状の変化と対処】

*筋痙縮期(きんけいしゅくき)
〜2ヶ月
初期段階の炎症、痛みの強い時期
基本的には安静にしてください。

*筋拘縮期(きんこうしゅくき)
〜半年
上記を過ぎ炎症、痛みが軽減
無理ない範囲で動かしてください。

*回復期
〜1年
炎症、痛みがかなり軽減
少し積極的に動かしてください。


【施術者にできる事】

お客様の状態、症状、時期にも
よりますが基本的には自然治癒力
(自分で治そうとする力)を
尊重して強引に動かしたりせずに
可動域を少しずつ広げるお手伝い
をしてあげるように心掛けましょう。

すごくザックリですが

*筋肉を緩める
(主に肩甲骨と腕の動きを良くする)

*血行を良くする

この二つを無理のない範囲で
行いましょう。


【お客様にできる事】

先に言っておきたいのは
なるべく焦らないでください。
「一生このままだったら
どうしよう」と心配される
気持ちは分かりますが、
今まで何百名と同じ症状の方を
みてきてよくなるペースは人に
より違いますが他の要因や無理、
無茶さえしなければ
きっとよくなりますから。

*普段から適度に動かす

*冷やさないようにする

そして寝る時は痛い方を下に
しないでクッションや枕などを
利用して常に・・

*比較的楽な体勢を
見つけてください

お辛いですが、
うまく付き合いながら
乗り切りましょう!


さてさて冒頭のお母さんは
「楽になった〜」と言って
これからお孫さんたちと
ご飯を食べにいくそうです。

早くもうちょっと
楽にしてあげたいんだけどな〜

<Sponsored Link>



今日はお時間になります。

ありがとうございました。


posted by オツ at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。