<Sponsored Link>

2016年05月20日

#施術のスピード#

こんにちはオツです!

前回は「学ぶこと」について
お話させてもらいました。

以前にお伝えした心構え
「絶対に!」の気持ちと
合わせて日々スキルアップ
していきましょう(^_−)−☆

《おさらいを兼ねて・・》

絶対に今より上達してみせる

絶対にこの人をよくしてみせる

絶対にこの人を満足させてみせる

絶対ナンバーワンになってみせる

絶対にいつか店長になってみせる

絶対に自分のお店をもってみせる

などなど、、
何気ない日常を過ごす中に信念や
強い気持ちを持って過ごす事で
必然的にあなたのやるべき事や
進むべき道が見えてきますから!

<Sponsored Link>



さて今日はお客様を圧していく
「スピード」についてのお話を
していきます。

もしかしたらお店によってルールが
あるかもしれませんし、自分で強い
こだわりを持ってやってる方もいる
かと思いますが、施術のスピード感
で相手に与える印象やメリット・
デメリットをあくまでも僕の経験に
よる主観でお伝えしていきますね。

【ゆっくり圧す】

*比較的ていねいな印象を与える

*元気がないと思われる事がある

*技術的なごまかしが効きにくい

*あまりたくさん圧す事ができない

*ケガをさせるリスクは少ない

【速く圧す】
*雑に感じさせてしまう事がある

*元気がいいと思われる事がある

*技術的なごまかしが効く事がある

*比較的たくさん圧す事ができる

*ケガをさせるリスクが高い

いくつか例を挙げてみましたが
何事も表裏一体ですから双方に
特徴がありますね。

俺は「マッハでたくさんの部位を
いっぱいやって喜んでもらうぜ」
って思ってるけど実は、、
「あの人は雑だし落ち着かない」
と思われているかもしれません

私は
「ゆっくり正確だし丁寧だから」
って思っていたけどお客様は、、
「この人はなんかモタモタしてるし
もっとたくさんやってほしいなぁ」
って感じさせているかもしれません

*お客様は何歳くらいで

*今日は何分コースで

*ほぐしに慣れているのか

*あまり慣れていないのか

《考慮して合わせていますか?》

大切なのは

☆相手の呼吸に合わせること

☆状態や状況に合わせること

息を吐いている時に合わせて
ゆっくり圧して
息を吸っている時に合わせて
ゆっくりと戻す

まずできる事やれそうな事から
少しずつやっていきましょう。

強弱やリズムの変化を自在に
操る事ができるようになれば
確実にレベルアップしますので
708B3DA8-9CAF-40C2-BD6D-E094407271F9.png
まずは基本の徹底と、少しずつ
ハイレベルな応用までこれから
一緒に学んでいきましょうね!

今日はお時間になります。

ありがとうございました。

<Sponsored Link>




posted by オツ at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | relaxation! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。