<Sponsored Link>

2016年05月15日

強さについて

こんにちはオツです!

大変お待たせしました。。

本日より”実践編”をお伝えします。

毎回ではありませんが、、
実際に現場で使えるお話を
していきますので、どんどん
スキルアップしちゃいましょう!

ちなみに昨日僕は珍しく午前中の
予約が入っていなかったので、
「よしッカフェに行ってブログを
書こう」と思っていたのですが、

やっぱり神様はいますね!

奇跡?が起きました・・

まさに今日のテーマ

「強さについて」

にピッタリの出来事がありました。
<Sponsored Link>



朝一番オープン前に開店準備を
していたところに、見た事のない
ガッチリした男性が入ってきます。

男性「すいません。男性の方に
やってもらいたいんですけど?」

オツ「大丈夫ですよ・・」

その日の朝の男性スタッフは
自分しかいない為この時点で
僕が担当する事が確定です。

男性のお客様が男性スタッフを
希望される場合の理由ですが...

*同性の方が気が楽でいい

*担当が女性だと担当者の女性
もしくは自分の奥さんや彼女に
対して申し訳ない気持ちがある

*強めをご希望される

そんな理由が考えられますが

さてさてこの方はどうでしょ?

お店が開店時間になりました。

男性「強めで全身お願いします」

オツ「かしこまりました・・」

やはりそうきましたか・・
流れ的にそうですよね。。


見た目でだいたい分かりますが
予想通り、やはり強めをご希望
される方でしたね〜 (⌒-⌒; )

オツ「よろしくお願いしま〜す」
男性「よろしくお願いします」

基本的にスタートしてから
3分くらいが勝負です!!

ちなみに経験の浅い方だと

”強さと痛さ”を理解されてない
方がいるので先に解説します。

強さ=的確に筋肉をとらえたて
しっかり、もしくはするどく
押し込んでいく事です。

痛さ=不必要に骨や血管などを
圧迫して不快感を与える事です。
(中にはそれが好きな方もいますが)

最初に背中をさすりながら、
この人は完全に前者である事を
確認して一番やって欲しい所に

イチニノサンでプッシュ☆

オツ「強さ大丈夫ですか?」
男性「大丈夫です」

少し余力を残している僕は
「もう少し強くしますか?」

男性「今くらいで大丈夫です」

ホッとした僕は気を抜く事なく
ドンドンと進めていきます。

この人は僕の中での強さレベル
10段階の8、9だと確信して
遠慮なくガンガン進めます。

そして強くやる事には当然
リスクも伴ってきます。

*強くやる為の方法

*リスクについて

そして
僕はその方を満足させる事が
できたのでしょうか〜?!
<Sponsored Link>



ゴメンなさい・・・

今日はお時間になります。

続きはまた次回話します。

ありがとうございました。


posted by オツ at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。