<Sponsored Link>

2016年07月25日

リラクゼーションのキャンペーンで売上をアップさせる方法

こんにちはオツです!

7月の売上は順調ですか?

気温が高くなってくるとお客様の動きも活発になり寒い時期より客数が増えたり、久しぶりのお客様が戻ってきてくれたりして、お店の雰囲気も良くなるんじゃないでしょうか?

冷房の冷えなどの影響や素足になりやすい時期なので足ツボのお客様が増えたり、暑さから体力を消耗してロングコースを選ばれる方も多くなってくると思います。

そんな時こそ僕たちがしっかりと対応してお客様の疲れをできるだけとったり、なるべく楽になってもらって満足していただきたいですよね!


昨日の記事で「スタッフが休暇をとること」についてのお話をしましたが、万が一みなさんの休みが重なったりして売上が落ちてしまったら申し訳ないので、今日はリラクゼーションのお店でキャンペーンやサービスデーを実施して売上をアップさせる方法をお話しようと思います。

<Sponsored Link>



以前に「繁盛店にする為に必要な流れとコンセプトとは?」の記事内でも話したのですが

お店を軌道にのせる為には

◆新規顧客を獲得する

◆リピーターを増やす

◆リピーターの単価を上げる

◆リピーターの来店頻度を上げる

◆顧客離れを防ぐ

この流れを上手く作る事だと思いますが、お店を運営していく上で非常に大事な流れなので、言葉を変えてもう1度言いますね。

◆新しいお客様をできるだけ確保して

◆店に通ってくれるお客様を増やして

◆お客様に「1円でも多くお金を払っていただく」もしくは「なるべくお店にきてもらう」ための努力をして

◆お客様の意志(意思より強い表現です)で自分の店に必ずきてもらえるように全力を尽くす


一見当たり前の事ですし簡単な事だと軽く考えてしまいがちなのですが、大切なのは「続けていくこと」で3年目くらいまでは比較的順調にいくケースが多いのですが、5年10年と継続して店を守っていくのは本当に難しいし大変な事だと思います。
0876BDE6-E10F-438A-B3DB-5539E80897BB.jpg
上記を踏まえてリラクゼーションのお店でキャンペーンを効果的に実施していく内容を伝えていきますが、あくまでもご自分のお店のルールやスタッフ・お客様の状況に合わせて参考にしてみてください!


【キャンペーンをやる意味】

大きく分けると2つの意味があります。

「店のため」と「お客様のため」ですね。
今日はお客様のためのキャンペーンとして掘り下げていきます。

◆新規顧客確保の為には・・
お店が普通の状態よりは告知や宣伝をしっかりとすることで勇気を出して初来店してもらえるキッカケになります。

◆リピーターさんには・・
普段きていただいている感謝の気持ちをサービスや値引きで表すのと、しばらくきていなかったお客様の再来店の動機になりやすいと思います。


【キャンペーンの種類】

こちらも大きく2つあります。

「当日お得」か「後日お得」かです。
例えば「当日お得」はその日に千円割引をする。
「後日お得」は次回千円割引になるクーポンを配る。
といった形になると思います。

◆新規顧客確保には・・
安くする方が来店の敷居は低くなりますが、次回割引の場合は2回目また来店する動機になります。

◆リピーターさんにも・・
安くする方が喜んでもらえますが、後日の場合は楽しみを先延ばしにする意味もあります。


【キャンペーンのやり方】

僕はこれまでにいろんなお店で数々のキャンペーンをやってきたので、やれと言われたら365日違う内容でキャンペーンをするネタは出せます。

ただ1つ言えることは「その店の人間がその店のお客様の事を考えてやらないと意味がない」ので、今日はサンプルだけいくつか出しますので参考にしてください。

◆当日割引の日を設定する。もしくは次回使える割引券を配布する期間を設ける

◆ご利用の時間帯もしくはご利用のコースによって割引もしくは延長のサービスをする

◆例えば海の日や語呂のいい日、オリンピックやワールドカップなどにお得な日やイベントを設定する

今日は簡単に超基本的な例えを挙げましたが、工夫すればいくらでも出せると思うので少し考えてみてください。


【キャンペーンの告知方法】

ティッシュやチラシを配ったり、店前にノボリやポップで目立つようにするなどありますが、これについて語ると長くなるので今日は1つだけ伝えさせてください。

「シンプルな事をわかりやすく伝えること」

これに尽きます!

いろんなプランなど設定したり、チラシにたくさんのことを詰め込みすぎると混乱を招きがちです。

僕の経験上
「何月何日 60分=何千円」
くらいわかりやすい方がお客様もすぐにメリットが分かるし、スタッフも一言で告知ができるからいい結果を出しやすくなりますよ。


☆キャンペーンは続けることに意味がある?!

上にも書きましたが「お客様への感謝をサービスや値引きで表現する日」なので続けることに意味があると思いますが、まずその気持ちをスタッフ全員が理解していないと効果は薄くなります。

今日は割愛しますが、スタッフ育成の観点からも「普段と違う特別な日を設定すること」には大きなメリットがありますから、お店を長く続けていくためにもぜひ継続してやってみてください!


【まとめ】

個人的な見解ですがお祭り好きの僕としては日常と違うキャンペーンなどは大好きです。

自分が客としてどこかの店に行った時にキャンペーンやイベントをやっていたらラッキーだしテンションが上がります♪

普段の毎日はもちろん大切ですが、お客様への感謝を形にする日を計画的に設けることで店・スタッフ・お客様にとってメリットのある状態を設定して末長く愛されるお店作りをしていただけたらと思います。


経験の浅い店長さんでキャンペーンなどを任されたけどお店に合ったやり方が分からないとか、うまく結果が出せないなどあれば、もしよかったらご連絡ください。

☆twitter☆

今日はお時間になります。

ありがとうございました。

<Sponsored Link>




タグ:接客業
posted by オツ at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | relaxation! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。